抗うつ剤「ルボックス」は、どの様な効果のあるお薬ですか?抗うつ薬「ルボックス」の特徴

抗うつ薬「ルボックス」は、SSRIと呼ばれるお薬です。うつ病・不安障害・強迫性障害・躁うつ病・摂食障害・パーソナリティー障害などに効果を発揮するお薬です。人に重要な三大神経伝達物質は、「ノルアドレナリン」「ドーパミン」「セロトニン」です。

参照資料=ファベリン(ルボックス)の海外通販・個人輸入なら送料無料のTOP http://www.ntp-k.org/medicine/mental/faverin.html

セロトニンは、幸せ伝達物質とも呼ばれ、これが不足すると、怒りっぽくなり・疲れやすい・ぼーっとする事が多くなる・くよくよする・寝つきが悪くなる・過食・拒食などの症状が現れ、いわゆる、うつ病や不眠症と呼ばれる病気を発症させます。SSRIは、このセロトニンだけを増加させる作用を持つお薬です。

セロトニンは、心のバランスを整える作用を持ち、バランスが崩れることで、うつ病を発症してしまいます。「ルボックス」は、1999年に日本でも認可されました。それまでの抗うつ薬は、脳内のアセチルコリンという物質にまで影響を与えていました。

アセチルコリンの活性が低い為に起こる疾病としては、アルツハイマー型認知症があります。

「ルボックス」の特徴としては、

・認知機能に影響がない

・副作用が少ない

・効果が穏やかである

・ジェネリックがある

などです。なかでも、今までの抗うつ剤に多かった、口が乾く・便秘になる・立ちくらみを起こすなどの副作用が少なくなったので、患者さんも、安心して服用する事が出来るようになりました。また、薬の効果が穏やかなので、初めての服用の不安も少ない薬です。

気分・テンションを上げる効果よりも、心を穏やかにする効果がある、といった方が良いでしょうか。また、服用容量を細かく調整できるところも「ルボックス」の良い点だと言えます。勿論、服用に気を付けなくてはならない事もあります。「ルボックス」は、効果の持続時間が短いお薬です。

その為、服用回数が多くなり、一日2~3回の服用が必要となります。また、他の薬との併用は注意が必要です。併用が禁止になっているお薬もありますので、服用の際は医師の指示を受けましょう。