抗うつ剤「ルボックス」は、どの様な効果のあるお薬ですか?

手首を鎖で縛られ目ざまし時計を持つ

抗うつ薬「ルボックス」の特徴

抗うつ薬「ルボックス」は、SSRIと呼ばれるお薬です。うつ病・不安障害・強迫性障害・躁うつ病・摂食障害・パーソナリティー障害などに効果を発揮するお薬です。

人に重要な三大神経伝達物質は、「ノルアドレナリン」「ドーパミン」「セロトニン」です。セロトニンは、幸せ伝達物質とも呼ばれ、これが不足すると、怒りっぽくなり・疲れやすい・ぼーっとする事が多くなる・くよくよする・寝つきが悪くなる・過食・拒食などの症状が現れ、いわゆる、うつ病や不眠症と呼ばれる病気を発症させます。

SSRIは、このセロトニンだけを増加させる作用を持つお薬です。セロトニンは、心のバランスを整える作用を持ち、バランスが崩れることで、うつ病を発症してしまいます。

「ルボックス」は、1999年に日本でも認可されました。それまでの抗うつ薬は、脳内のアセチルコリンという物質にまで影響を与えていました。

コマーシャル※ルボックスのジェネリック http://www.ntp-k.org/medicine/mental/faverin.html

アセチルコリンの活性が低い為に起こる疾病としては、アルツハイマー型認知症があります。「ルボックス」の特徴としては、

  • 認知機能に影響がない
  • 副作用が少ない
  • 効果が穏やかである
  • ジェネリックがある

などです。なかでも、今までの抗うつ剤に多かった、口が乾く・便秘になる・立ちくらみを起こすなどの副作用が少なくなったので、患者さんも、安心して服用する事が出来るようになりました。

また、薬の効果が穏やかなので、初めての服用の不安も少ない薬です。気分・テンションを上げる効果よりも、心を穏やかにする効果がある、といった方が良いでしょうか。

また、服用容量を細かく調整できるところも「ルボックス」の良い点だと言えます。勿論、服用に気を付けなくてはならない事もあります。

「ルボックス」は、効果の持続時間が短いお薬です。その為、服用回数が多くなり、一日2~3回の服用が必要となります。また、他の薬との併用は注意が必要です。

併用が禁止になっているお薬もありますので、服用の際は医師の指示を受けましょう。

抗男性ホルモン剤を使用する際の気になる安全性について

ホルモン剤の中でも「抗男性ホルモン剤」は男性・女性かかわらずに取り入れられているホルモン剤となっています。男性ホルモンの抑制に効果を発揮してくれますので、性同一性障害に対する治療に用いられることもあるでしょう。

今回は、そんな抗男性ホルモン剤の「安全性」という部分について見ていきたいと思います。

頭を抱えて絶叫している女性

安全性は確認されている

現在、医療現場に用いられている抗男性ホルモン剤は厳しい審査をクリアしたもののみが使用されています。ですので、安全性はあると言ってよいでしょう。

個人輸入などで抗男性ホルモン剤を取り入れるという場合における薬剤においても同じことが言えます。しかしながら、同時に副作用というものも確認しておく必要があります。

副作用などについて

副作用についてですが、めまいや女性の方ですと乳房の張りや痛み・吐き気などを覚えることがあるでしょう。適正な用法・用量を守っていただくことによって、平均すると2~3ヶ月ほどで落ち着く場合が大半です。

もし、生活に支障をきたすような副作用がみられる・長期間にわたって副作用症状が続く場合には医師に相談することをオススメしたいと思います。

男性において注意したいポイント

男性においては、長期間における服用をすると女性らしい体つきに変わる場合があります。また、男性ホルモンが抑制されますので、静止の生成も少なくなるという可能性もありますので把握しておくようにしましょう。

正しく抗男性ホルモン剤を取り入れる

今回は抗男性ホルモン剤の安全性について触れていきました。薬剤そのものは安全性はあるものの、やはり薬剤ですので副作用というものも当然ながら考えなくてはなりません。

正しく取り入れることによってより安心して使用していただけることと思います。

PAGE TOP